美味しいご飯は元気のみなもと! さあ、きょうも健康生活。。(^_-)-☆

保温釜の選び方→真空圧力「かまど炊き」→ダブル真空仕上げ

炊飯が終わったあと=炊き上がり後には、”ほぐし”ているでしょうか?

ほぐし”をすることで、より美味しいご飯になることは、皆さんご存知のとおりです。

これは、炊き上がり後、ご飯の表面の余分な水分を取り、
モチモチとした”ハリ”をご飯に与えます。

ここで考えてみたいのが、
タイミングよく”ほぐし”ができない時は、どうするか?です。

そうです、釜にやらせてしまえば、手間いらずですね。

ここでも真空技術が使われています。
炊き上がり後15分位に、一旦真空状態にします。
これによって、釜の中の余分な水分を蒸気と一緒に飛ばします

予約炊飯の時などで、”ほぐし”ができないときなどに、
便利な機能です。

そうはいっても、出来る時は、自分で”ほぐし”しましょうね。
炊き上がった、湯気もわもわの美味しそうなご飯をみながらの”ほぐし”は、
至福の瞬間でもあるのです。(#^.^#)

——————————————


«  保温釜の選び方→真空圧力「かまど炊き」→ダブル真空仕上げ  »